不動産売却の基礎的な知識をしっかりと把握して売却

real estate

払えなくなったら

競売に比べゆとりが出来ます

house

月々の住宅ローンの返済を、転職などによって収入が減った場合、払い続ける事が困難になってしまうケースがよくあります。返済がしばらく滞ると、金融機関から督促状や催告書が届くようになり、その後期限の利益を損失して競売で自宅を失ってしまいます。自宅を競売にかけられてしまうと、市場価格の6割程度の価格で落札されますし、近所にも事情を知られてしまうため精神的負担が少なくありません。そうなってしまう前に、任意売却という手続を取る事で金銭的・精神的負担を大きく軽減出来る方法があるのです。任意売却は、弁護士や司法書士事務所に相談して手続を行える他、任意売却を専門に取り扱っている業者もあり、ネットで簡単に調べられます。

督促状や催告書が届いたら早めの行動を

任意売却の手続は、住宅ローンが無事に払えている場合行えません。あくまで支払いが滞っている方が申し込めるのです。しかし、支払いを滞った状態を長い期間続けていると、競売にかけられ任意売却のタイミングを失ってしまいます。金融機関から督促状や催告書が届くようになった後、早めに任意売却の行動を起こすと良いでしょう。任意売却のメリットは、何と言っても市場価格に近い価格での売却が行える事です。また、債権者との交渉によっては引越し費用や当面の生活費の捻出も行えるのです。競売のように近所の方に知られる事もなく、次の人生のスタートラインに立てます。任意売却にかかる費用は、売却額の3%に6万円と消費税を足した金額となっています。