不動産売却の基礎的な知識をしっかりと把握して売却

real estate

住宅の差し押さえ

住宅ローンの滞納から競売までの期間

house

長い人生のうちには山もあれば谷もあります。常に理想の状態であるのが望ましいのですが、全ての物事はうまくはいきません。もし住宅ローンが残った状況で、人生がうまくいかなくなったらどうすればいいのでしょうか。住宅ローンでは、債権者である金融機関が住宅に抵当権を設定しています。住宅ローンを滞納し続けると、金融機関はその抵当権を行使し、住宅は差押えられることになります。差押えは金融機関の窓口が保証会社に変わった時から着々と進んでいきます。その後競売開始決定通知が届くと、地方裁判所の調査官が住宅を調査し、その調査に基づき競売情報が告知され、競売入札が開始されます。競売開始決定通知から競売開始までは、約3ヶ月から半年ほどの短期間で行われるのです。では、そのまま住宅を失うしかないのでしょうか。

任意売却で人生を立て直しましょう

住宅ローンを滞納すると競売行われ、住宅を失います。しかし諦めてはいけません。なぜなら任意売却という方法があるからです。実は競売になったとしても、残債務が残る場合には返済義務が残り続けます。その上返済の方法を相談することはできません。また引越し費用も手当されません。また競売情報は告知されるため、近隣に知られることとなります。それに対し任意売却は、競売より住宅を高く売れることが一般的です。そのためより多く住宅ローンを返済できます。また債務が残った場合には、返済方法を相談することが可能です。また引越し費用も手当されるほか、引っ越し時期も相談可能です。競売と違い任意売却では、近隣にローンの滞納を知られることはありません。その他にも、方法によっては住み続けることさえできるのです。このように人生を立て直し、その後の計画を立てやすくするのが任意売却のメリットです。住宅ローンの滞納でお悩みの方は、一度任意売却をご検討することをおすすめします。